自動運転開発が超絶順調で中国・広州のお役人さんが大喜び 本社構えるジンチィ社やPony.ai社が活躍

スタートアップが躍進


中国・広州が熱い。自動運転分野で熱い。







米シリコンバレーで設立された中国スタートアップのジンチィ社はアメリカから広州に「凱旋」し、開発してきた電気自動車(EV)に自動運転レベル3(条件付き運転自動化)を搭載することに成功。広州に本社を置く同じく中国スタートアップのPony.ai社は逆にアメリカのカリフォルニア州で自動運転の公道試験を成功させている。

こうした自動運転に関して広州に本拠地を置くスタートアップが活躍することに、広州市当局の担当者もにんまりだ。広州南沙開発区投資・貿易新興局のシエ・シャオフイ書記は、広州市人民政府が発表したプレスリリースの中で「われわれは地元の革新的企業の育成を高く評価している」とコメントしている。

中国においては広州が自動運転技術の「本丸」になっていくかもしれない。そう感じさせる話題だ。







関連記事