DiDiとソフトバンク、大阪でタクシー配車事業スタート 訪日中国人向けにWeChat Payで決済可能

2018年9月27日から提供


新たなタクシー配車プラットフォームが大阪で始動する。ソフトバンク株式会社と中国ライドシェア大手の滴滴出行(Didi Chuxing)の合弁会社が、2018年9月27日から同プラットフォームの提供を開始する。







両社の合弁会社はDiDiモビリティジャパン株式会社。2018年7月に設立が発表されており、タクシー配車サービスを2018年秋にまず大阪でトライアルスタートすることが明らかになっていた。

スマートフォンアプリ「DiDi」を使って乗客はタクシーを呼ぶ仕組みとみられ、訪日中国人旅行者は中国版のDiDiアプリをローミング機能を使って利用できるようだ。WeChatペイなどの電子決済でも使えるとされ、大阪での中国人のタクシー利用が増加することも期待されている。







関連記事