AI自動運転タクシーでホリエモン氏「はよ全国で実用化して」 Twitterで発言、ZMP実証実験に期待

Hakobot社にもアドバイザーで参画


ホリエモンこと実業家の堀江貴文氏が2018年7月29日、ツイッターで自動運転タクシーについて「はよ全国で実用化してほしい。運転手の体臭とか高齢化での事故とかやばい。。」とツイートした。







このツイートは、東京都内の大手町と六本木の間で8月下旬から行われる自動運転タクシーの実証実験についての記事を受けたもの。堀江氏の自動運転タクシーに対する関心の高さが伺える。実証実験はタクシー事業を手掛ける日の丸交通株式会社と自動運転・ロボットベンチャーの株式会社ZMPが実施する。

これまでにも堀江氏は、たびたび自動運転技術に対して言及してきた。自身のYouTubeチャンネルでの対談企画やコラムでは、自動運転車が「すぐそこまで来ている未来」であるとして、自動運転技術に対し、肯定的な意見を多く発言している。

加えて堀江氏は2018年7月15日、自動配送ロボットの開発を行う、株式会社Hakobot(本社:宮崎県宮崎市/代表取締役:鶴田真也)に、アドバイザーという肩書きで参画した。Hakobot社は、高齢化などによる人手不足の解消や、ロボットによる業務の効率化を目指して設立されたスタートアップで、無人の自動配送ロボットを開発中だ。

Hakobot社に堀江氏が参画し、買い物難民問題を解決に導く期待がますます高まっている。堀江氏が今後どのようにさらに自動運転に関わっていくのか、注目が集まる。







関連記事