B2Cのカーシェア知名度86% パーク24が会員にアンケート調査 C2Cはまだまだ知られておらず

サイクルシェアは30%、駐車場シェアは26%


出典:パーク24社プレスリリース

駐車場事業などを手掛けるパーク24株式会社(本社:東京都千代田区/社長:西川光一)は2018年11月18日までに、移動に関連するシェアリングサービスに関するアンケートを実施し、その結果を発表した。

  1. DeNAのカーシェア「Anyca(エニカ)」、サービス3周年で登録17万人超
  2. 伊藤忠、イギリスで個人間カーシェア事業に参入 Hiyacar社と資本提携
  3. スマートバリュー社、2019年春に「シェア駐車場×カーシェア」事業
  4. ソフトバンク、米カーシェア企業ゲッタラウンドに330億円出資

発表によれば、移動に関連するシェアサービスの中においての知名度では、B2C(企業対個人)の「カーシェア」が86%で最も高く、「サイクルシェア」が30%、「駐車場シェア」が26%、C2C(個人間取引)の「カーシェア」が13%、「ライドシェア」が10%の順だった。カーシェアにおいては、B2Cの方がC2Cより知名度があるという結果だ。







また、シェアサービスを利用したことがあると答えた人に利用したことがあるシェアサービスを聞いた結果、B2Cのカーシェアが81%と最も高かった。サイクルシェアは15%に留まった。

アンケート調査は同社が展開する会員制サービス「タイムズクラブ」の会員を対象に実施した。調査方法はインターネットによる非公開型アンケート方式で、調査期間は2018年6月25日から7月1日まで。有効回答者数は8930人。







関連記事