自動運転タクシー、Waymoが「完全無人×一般向け」でスタート!セーフティドライバーすら乗せずに

将来的に100%を「完全無人」にする方向



出典:Waymoブログ

自動運転タクシーサービスを手掛けるGoogle系の米Waymo(ウェイモ)が、セーフティドライバーすら乗せない「完全無人」の自動運転タクシーのサービス提供を、アリゾナ州フェニックスで一般向けに開始したようだ。

Waymoは2018年12月、世界初の自動運転タクシーの商用サービスで他社を出し抜き、セーフティドライバーが同乗してのサービスとして展開していたが、「完全無人」でも他社を出し抜いた格好だ。







ちなみにWaymoは2019年末から、一部地域の少数のユーザーに限定し、こうした完全無人の自動運転タクシーサービスを提供していた。報道によれば、完全無人の自動運転タクシーサービスはまずフェニックス周辺で提供し、段階的に提供エリアを拡大していくという。

■将来的に100%を「完全無人」に

Waymoが提供している自動運転タクシーサービスは「Waymo One(ウェイモ・ワン)」だ。FCA(フィアット・クライスラー・オートモービルズ)のミニバン「パシフィカ」を自動運転仕様にした車両で運行されている。

「完全無人」の車両は現時点では、Waymo Oneで配車される車両のうちのごくわずかとみられているが、Waymoのジョン・クラフチックCEO(最高経営責任者)は、将来的に100%を「完全無人」にすることに自信をみせている。

いま多くの企業がWaymoの背中を追いかけているが、そのWaymoがまたサービス提供のレベルを上げた。ほかのアメリカ企業、中国企業、欧州企業、そして日本企業も負けてはいられない。

【参考】関連記事としては「Waymo Oneとは?世界初の自動運転タクシーサービス」も参照。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事