中国モメンタ、自動運転向け高精度地図で日本のトヨタと提携

2016年創業のスタートアップ、中国事業を支援





出典:Momentaプレスリリース

中国の自動運転スタートアップ企業Momenta(モメンタ)は2020年3月22日までに、自動運転向け高精度地図に関して日本のトヨタ自動車と提携したと発表した。

トヨタが開発を進める「自動地図生成プラットフォーム(AMP)」の商業化を中国で支援するため、モメンタが高精度地図に関する技術を提供するというスキームのようだ。







トヨタが開発を進めるAMPは地図データを更新するためのプラットフォーム。AMPで更新される高精度地図と車両に搭載したセンサーで収集したデータを組み合わせれば、自動運転車の位置の正確な特定につながる。

■これまでのモメンタの自動運転領域での取り組みは?

モメンタは2016年に中国・北京で設立され、ディープラーニング(深層学習)技術を駆使して自動運転関連ソフトウェアの製品化に取り組んでいる。特に画像認識・判断の領域を強みとし、ポジショニングマップの分野でも高い評価を得ている。

2018年10月には、投資家や政府系基金団体から10億ドル(約1150億円)の資金調達を発表し、ユニコーン企業(企業価値が10億ドル以上の非上場企業)の仲間入りを果たした。自動車メーカーだとトヨタのほかに独ダイムラーからも支援も受けている。

既に自動運転レベル3の自動運転ソフトウェア「Mpilot」や、レベル4を可能にする無人運転技術MSD(Momenta Self Driving)もリリースしており、北京などで自動運転車の実証実験にも取り組んでいる。

モメンタはまだ歴史が浅い企業ではあるが、大手企業との提携や大型出資を受けたこともあり、世界の自動運転業界において勢いのある企業の一社だ。そして今回のトヨタとの提携により、さらにモメンタの存在感が高まったと言える。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事