英ジャガー、自動運転を試験する「スマートシティHUB」開設へ

アイルランドで開設、実世界での検証向け



出典:ジャガー・ランドローバー・ニュースリリース

高級車メーカー大手の英ジャガー・ランドローバーは2020年11月26日までに、アイルランドの非営利団体「Future Mobility Campus Ireland」(FMCI)と連携し、自動運転やコネクテッドカーなどの技術を現実世界において実証できる「SMART CITY HUB」をアイルランドに開設すると発表した。

SMART CITY HUBには12キロの公道のほか「スマートジャンクション」「コネクテッドカーパーク」と呼ばれる施設があり、自動運転車が自動車や歩行者と共存できるテクノロジー施設を目指すようだ。







SMART CITY HUBで実施される自動運転の実証実験には、ジャガー・ランドローバーのEV(電気自動車)「I-PACE」が使われ、さまざまな道路環境や交通シーンで最新の自動運転技術を試していくという。

こうした自動運転の走行を支える管制センターも敷地内に開設されるほか、自動バレーパーキングを試せる駐車場施設も用意されるようだ。

■自動運転をリアルでテストする「街」が続々

自動運転技術は仮想空間での実証実験も盛んに行われているが、それでもやはり現実世界での実証実験は欠かせない。そのためSMART CITY HUBのような試験施設は非常に重要な役割を担っている。

そして自動運転の試験が行える「街」は世界に点在している。例えばアメリカでは、ミシガン大学が自動運転技術を検証するための施設として、市街地や郊外の道路を再現したミニタウン「M City」を建設している。

シンガポールでは、自動運転車の研究開発に力を入れる南洋理工大学(NTU)がテストセンターを設けている。電波障害実験のためのビルがあるほか、「雨ゾーン」も備えている。韓国には国主導でつくられた疑似都市「K-City」があり、自動運転の走行試験が可能だ。

■こうした街は世界中でさらに増える!?

日本でもトヨタがコネクティッドシティとして「Woven City(ウーブン・シティ)」構想を発表し、2021年2月に着工予定だ。

Woven CityもSMART CITY HUBも、ともに自動運転技術の進化を支える「街」となる。実証実験がさらに盛んに行われるようになれば、こうした街は世界中でさらに増えていくかもしれない!?

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事