日の丸ユニコーンPreferred Networks、自律走行作業ロボで実証実験スタート

「移動型マニピュレーターロボ」の量産設計へ





移動型マニピュレーターロボットのイメージ(実際に開発中のものとは異なる)=出典:Preferred Networks社プレスリリース

日の丸ユニコーン企業(企業価値が10億ドル以上の非上場企業)である株式会社Preferred Networks(本社:東京都千代田区/代表取締役:西川徹)=PFN=は2020年6月29日までに、自律走行型の作業ロボット「移動型マニピュレーターロボ」の実証実験を開始することを発表した。

来年2月にかけて移動型マニピュレーターロボットのハードウェアの量産設計に取り組み、無人搬送や無人消毒の用途で、病院や工場、福祉施設などで実証実験を実施していくという。







開発中の移動型マニピュレーターロボは、ロボットアームと作業用ハンドを備えた自律移動型の作業ロボット。同社が安全性に関わるソフトウェア技術からハード技術まで全て自社で設計・開発を行い、性能の向上や製造コストの下げることにつなげる。

報道発表によれば、この開発プロジェクトは経済産業省の2020年度「グローバル・スタートアップ・エコシステム強化事業費補助金(ものづくりスタートアップ・エコシステム構築事業)」に採択されているという。

■日の丸ユニコーン「Preferred Networks」とは?

Preferred Networks社は、深層学習などの先端技術の実用化を目的に2014年3月に創業したスタートアップで、自動運転技術や産業用ロボットの高度化などを手掛けている。国内の自動運転関連では唯一のユニコーン企業だ。

創業時から、自動運転やコネクテッドカー向けの技術として重要な「物体認識技術」や「車両情報解析」に関する研究開発をトヨタと共同で進めている。

2015年12月にはトヨタから約10億円の出資を受け、2017年8月には約105億円の追加出資を受けることで合意したことが発表されている。

■今後の実証実験の成果に注目

ユニコーン企業は中国・アメリカに集中しており、日本には数えるほどしか存在しない。そんな日本発ユニコーンのPFNが開発に取り組む自律走行技術。今後実施する実証実験の成果に注目だ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事