【特集】マクニカのスマートモビリティへの挑戦 自動運転やMaaS、サービス開発をトータルサポート

〜共に創る、伴に走る~



自動運転、そしてMaaS(Mobility as a Service)。ついに「移動」の大変革が起きる時代が訪れる。自動運転車を活用したタクシーサービスや配車サービスが誕生し、赤字に苦しむ地方都市の路線バスも自動運転化によってローコストで存続できるようになる。

ただ、企業や自治体が自動運転技術の活用やMaaSサービスとしての展開に挑戦しようとしたとき、さまざまな壁にぶつかる。実証車両の準備、センサーの選定、AIの構築、リスクアセスメント、セキュリティ・・・。クリアしなければならない課題は非常に多い。

こうした課題をワンストップで解決しようと事業を展開している企業がある。半導体商社として知られるマクニカだ。新事業として、モビリティサービス開発の上流から下流までをトータルサポートするサービスを展開している。

特集「マクニカのスマートモビリティへの挑戦〜共に創る、伴に走る~」では、「ソーシング×コンサルティング×エンジニアリング」というバリューを有するマクニカの取り組みに焦点を当てる。

■第1回:【インタビュー】自動運転の「頼りになる相談役」!開発から実装まで
インタビューに応じる大竹勉氏=撮影:自動運転ラボ

モビリティサービス開発における「伴走型トータルソリューションプロバイダー」という側面を強くしている技術商社マクニカ。日本や世界のさまざまな企業と協業関係を築き、自動運転技術の研究開発や実証実験、次世代モビリティサービスの社会実装などにおけるあらゆる課題に対し、最適なソリューションを選別・提供できることが強みだ。

自動運転の「頼りになる相談役」的な存在になりつつあるマクニカ。特集「マクニカのスマートモビリティへの挑戦〜共に創る、伴に走る~」の第1回目は、イノベーション戦略事業本部モビリティソリューション事業部の大竹勉氏(プロダクトマーケティング第1部長)に、モビリティ領域で事業を本格化した理由やマクニカの強みなどについて聞いた。

■第2回:自動運転を実現するためのプロセスとキーテクノロジーは?

近日公開予定

■第3回:自動運転、検証ニーズに合った実証実験車両を

近日公開予定

■第4回:自動運転、センサー選定のポイントは?

近日公開予定

■第5回:自動運転、認識技術とSLAMを用いた自己位置推定方法とは?

近日公開予定

■第6回:自動運転の安全確保のための技術とは?

近日公開予定

■第7回:自動運転×セキュリティ、万全な対策は?

近日公開予定

■第8回:自動運転サービスの事業化やオペレーションに求められることとは?

近日公開予定

関連記事