GM Cruise、ハンドルなしオリジナル自動運転車を発表!

CASEを体現した車両、シートは対面式





出典:Cruise公式投稿

米自動車メーカーGM(ゼネラル・モーターズ)の自動運転子会社Cruise(クルーズ)は2020年1月21日、オリジナルの自動運転車両を公表した。

Cruiseが公表した自動運転車にはハンドルやペダル類もついてなく、サイドミラーすら存在しない。車内はシートが中心に向かって向かい合って配置される形となっており、足を伸ばせるのびのびとした車室デザインとなっている。







車両のドアは鍵穴の代わりにナンバーを押して解錠する装置が装着されている。ちなみに動力は完全に電動化されており、コネクテッド機能についても恐らく充実のものとなっている。

相乗りなどのライドリングも想定して車内がデザインされており、まさにCASE(コネクテッド・自動運転・シェアリング・電動化)を体現した車両であると言えそうだ。

■2020年内にも自動運転タクシーを商用化?

GMはCruiseを買収して自動運転開発を加速させていたが、自動運転タクシーではGoogle(グーグル)系Waymo(ウェイモ)に「世界初」の座を譲った。ただCruiseは安全レベルを高め、2020年内にも自動運転タクシーの商用サービスを開始すると考えられている。

2019年5月には新たにソフトバンク・ビジョン・ファンド(SVF)やホンダなどから11億5000万ドル(約1260億円)の追加出資を受けることが報じられたCruise。今回発表した新たな武器を携え、先行勢のウェイモのほか、トヨタやテスラ、フォード、ウーバーなどと立ち向かう。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事