CASE

モビリティとは?意味・定義・種類は?(2023年最新版)

モビリティサービス、スマートモビリティ、モビリティカンパニー――。近年、「モビリティ」という言葉を耳にする機会が多くなった。当サイトでも頻出するスタンダードなワードだ。 しかし、その定義は意外と曖昧で、漠然と使用していることが...

ホンダ、タクシー会社の「ライバル」化 自動運転移動サービスの展開で火花

自動運転タクシー事業化に向けた動きを鮮明にした自動車メーカーのホンダ。合弁を立ち上げ、2026年にも東京都内で自動運転タクシーサービスを開始する計画を公表した。 直営する形で自らタクシー事業を行うのかは不明だが、この場合、既存...

日立Astemo、安全優先主義の自動運転車「乗り心地最悪」問題で解決策

日立Astemo株式会社(本社:東京都千代田区/代表取締役:竹内弘平)は、「6自由度車両姿勢制御技術」のプロトタイプを開発したことを2023年10月26日までに発表した。 この技術は、自動運転車両特有の乗り心地を損なう課題を克...

住友ゴムが「自家発電するタイヤ」!センサー向けに電力供給

住友ゴム工業株式会社(本社:兵庫県神戸市/代表取締役社長:山本悟)は、「タイヤ内発電技術」の進化により、幅広い速度域で安定した電力を得ることに成功したと2023年10月11日に発表した。 これは関西大学・谷弘詞教授と共同で行っ...

トヨタ、「道路埋込型センサー」の研究開始 自動運転時代に先駆け

トヨタ自動車の研究組織「未来創生センター」が、自動運転時代の到来を想定し、路上センシングについての開発を行っていることが明らかになった。 同社の公式サイトで紹介されているもので、「道路上にいるすべての人とモノの居場所がわかる魔...

CASEの意味は?(2023年最新版) コネクテッドや自動運転を示す自動車業...

自動車関係のトピックスで最近耳にする機会が増えてきたワードの一つに「CASE(ケース)」がある。自動車産業の今後の動向を示す重要なキーワードであり、自動車メーカー各社の事業の方向性を示す指針にもなり得るキーワードだ。 「CAS...

日野自動車と自動運転(2023年最新版)

トラックやバスを主力とする商用車メーカーの日野。トヨタの連結子会社として日本の商用車市場をけん引する1社だ。人の移動を担うバスや物流を担うトラックは自動運転化への需要が高く、乗用車メーカー同様開発動向が気になるところだ。 この...

いすゞと自動運転(2023年最新版)

小型・中型トラックを主力に大型トラックやバスの開発・製造を手掛ける商用車メーカーのいすゞ。国内小型トラックシェアで不動の1位に立つほか、近年は海外売上高比率も伸ばすなど、グローバル展開も推進している印象だ。 CASEに象徴され...

トヨタマップマスター社、純利益32%減の1.4億円 自動運転地図に照準

トヨタグループで地図データベースなどを手掛ける株式会社トヨタマップマスター(本社:愛知県名古屋市/代表取締役社長:浜田一行)の第25期(2022年4月〜2023年3月)の決算公告が、このほど官報に掲載された。 第25期の純利益...

自動車メーカーの開発予算、「UI/UXに30%以上」が半数超え

自動車業界で「CASE」(コネクテッド/自動運転/シェアリング/電動化)の潮流が本格化する中、「UI」(ユーザーインターフェイス)や「UX」(ユーザーエクスペリエンス)を重視する自動車メーカーが増えていることが、このほどある調査で判...