CASE

社長直轄組織も!デンソー、CASE進展見据え体制変更 AI自動運転やコネクテ...

自動車部品大手の株式会社デンソー(本社:愛知県刈谷市/社長:有馬浩二)は2019年12月30日までに、CASE(コネクテッド・自動運転・シェアリング・電動化)の進展に対応するための組織体制の変更を発表した。 その組織変更の柱の...

最近熱い「後付け」でコネクテッド化!GMOクラウドと双日、合弁会社で取り組み...

レンタルサーバー大手のGMOクラウド株式会社(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:青山滿)は2019年12月19日までに、IoTソリューションを活用した「コネクテッドカー」に関連する事業を、総合商社の双日との合弁会社として運営されるGMOモ...

自動運転ラボ、2019年に読まれた「解説記事」ランキング

自動運転業界の最新動向をアップしている自動運転ラボでは、さまざまなテーマのもと解説記事やまとめ記事も続々と掲載している。 今回は、数百を数える解説記事の中からページビュー数(閲覧数)が多かった順にランキング化し、トップ10に輝いた各記...

都市部の配送、車を遠くに停め自動運転ロボが配達 こんな未来も

国土交通省が主導する「都市交通における自動運転技術の活用方策に関する検討会」が2019年10月に開かれた。 将来的な自動運転の活用に向け、自動運転技術の都市への影響可能性の抽出や整理をはじめ、自動運転技術の活用に関する検討を行...

あなたの渋滞イライラ、コネクテッドカーが解消 そのわけは?

渋滞は誰でもイライラするもの。コネクテッドカーが普及すれば渋滞を避けたルートどりなどが可能になり、あなたがイライラすることも少なくなるかもしれない。 コネクテッドカーが普及すると、クラウドが各車両からさまざまな交通データを収集...

CASE対応推進!米UL、鹿島EMC試験所の次世代モビリティ棟を本格稼働へ

第三者安全科学機関である米ULは2019年12月2日、CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)対応の推進に向け、千葉県の「鹿島EMC試験所」に新設した次世代モビリティ棟を2020年1月6日から本格稼働させることを発表...

CASE進展、2020年以降の自動車業界はどう変わる?電動化や自動運転化によ...

自動車業界の潮流ともいえるCASE(コネクテッド、自動運転、シェア・サービス、電動化)。この流れは2020年以降も続き、業界の変革を象徴するキーワードとして定着・一般化しそうだ。 CASEの進展により未来の自動車業界はどのよう...

自動運転、テスラの戦略まとめ スマート・サモン機能導入!ロボタクシー構想も

EV(電気自動車)大手で先進的な自動運転機能を次々と発表する米Tesla(テスラ)。イーロン・マスクCEOのビッグマウスに呼応するかのように、数々のトラブルを巻き起こしながらもしっかりと業界における存在感を高めている。 そんな...

CASE対応へ愛知に技術開発拠点!国際認証機関テュフ・ラインランド

自動車国際認証機関テュフ・ラインランドの日本法人は2019年11月14日までに、今後拡大するCASE(コネクテッド、自動運転、シェア・サービス、電動化)市場に対応するため、車載関連製品の試験所能力を強化すること目的として、自動車産業...

自動運転車のデータ生成「1日767TB」説 そのワケは?(深掘り!自動運転×...

実用化と普及が徐々に近づいてきた感を受ける自動運転車。LiDARやカメラなど各種センサーが目の役割を担い、AI(人工知能)が脳の役割を担う。必要な情報は5G(第5世代移動通信システム)をはじめとした通信システムでやり取りする。その過...