中国ライドシェア最大手DiDiが米市場で上場!ビジョンファンドが筆頭株主

2021年はGrabも上場を予定



出典:DiDiプレスリリース

中国のライドシェア最大手であるDidi Chuxing(滴滴出行)が2021年6月30日、ニューヨーク証券取引所に上場した。ライドシェア企業としては、米Uberや米Lyftもすでに上場しているが、株価はあまり振るっていない。一方でDidi Chuxingはどうなるか、注目が集まるところだ。

■時価総額は685億ドル、調達額は44億ドル規模に

Didi Chuxingのティッカーシンボルは「DIDI」。初値は公開価格を約19%上回る16.65ドルで、初日の終値は14.14ドルだった。終値ベースの時価総額は685億ドル(約7兆6,300億円)で、調達額は44億ドル(約4,900億円)に上った。







この44億ドルという調達額は、中国企業がアメリカで上場したケースで過去2番目の規模だ。ちなみに過去最高は2014年に上場したアリババの250億ドルとなっている。

■ソフトバンク・ビジョン・ファンドが筆頭株主

Didi Chuxingの歴史はやや複雑だ。Didi Chuxingのブランドで事業を展開し始めたのは2015年だが、発端は2012年に遡る。

創業者で現CEO(最高経営責任者)の程維氏がライドシェアサービスを始めたのが2012年で、その後の2015年、同業の「Kuaizhi Technology(快的打車)」と合併してDidi Chuxingとしての事業史がスタートした。

Didi Chuxingにはソフトバンク・ビジョン・ファンドが2017年に投資していることでも知られており、同ファンドはDidi Chuxingの株式を約20%保有する筆頭株主となっている。ちなみに2016年に米アップルも同社に10億ドルの戦略的投資を行っている。

Didi Chuxingは2018年にはソフトバンクとの合弁会社として日本法人「DiDiモビリティジャパン」を設立し、日本国内でタクシー配車アプリを展開している。

■2021年はGrabも上場にも注目を

今回のDidi Chuxingはライドシェア企業の上場としては高い関心を集めたが、年内には東南アジアの配車大手Grab(グラブ)もアメリカ市場で上場する予定となっている。こちらの上場案件にも注目しておきたいところだ。

また、Didi Chuxingは2016年に自動運転の専門部署を立ち上げ、2030年までに100万台の自動運転車を導入するという計画を立てている。ライドシェア事業が現在は同社の事業の柱だが、自動運転事業も合わせて注目しておきたい。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事