中国Didi、自動運転車の開発でNVIDIAのAI技術など活用 レベル4の推論などで

自動車メーカーがDidiを恐れる理由は?





出典:DiDiプレスリリース

ライドシェア大手の中国Didi Chuxing(滴滴出行)が、自動運転車の開発で米半導体大手NVIDIA(エヌビディア)との距離感を近付けている。

Didi Chuxingは2019年12月、NVIDIA社のGPU(画像処理半導体)とAI(人工知能)に関する技術を活用し、自動運転とクラウドコンピューティングのソリューション開発に取り組むことを発表している。







具体的には、Didi ChuxingはNVIDIAが開発する「NVIDIA DRIVE」を使って自動運転レベル4(高度運転自動化)の推論に取り組むようだ。このNVIDIA DRIVEは「自動運転のためのスケーラブルなAIプラットフォーム」(NVIDIA社公式サイト)と説明されている。

NVIDIAの自動運転車担当バイスプレジデントであるRishi Dhall氏は報道発表で「安全な自動運転車両の設計には、クラウドと車両内のエンドツーエンドのAIが欠かせません」とした上で、「NVIDIAのAIにより、DiDiはより安全で効率的な交通システムを開発し、多様なクラウドサービスを提供できるようになるでしょう」としている。

■自動車メーカーが恐れるDidi Chuxing

Didi Chuxingの自動運転開発を脅威に感じている自動車メーカーなどは多い。

DiDiは既に年間100億人に対して移動サービスを提供していると言われている。つまり既に膨大な顧客を有している強みがあるということだ。そのため、例えば自動運転車を使って「自動運転タクシー」の事業に乗り出す際には、自社アプリに自動運転タクシーサービスの予約ボタンを加えるだけで、一定数の利用者を獲得することができる。

これに関して言えば、ライドシェア最大手の米Uber Technologiesや東南アジアで配車事業を手掛けるGrabなども同じことが言える。既に移動の予約プラットフォームを有している企業は、移動サービスを展開していない企業に比べて、顧客を獲得しやすい。

自動運転時代は「車両は車両」「ソフトウェアはソフトウェア」「センサーはセンサー」「プラットフォーマーはプラットフォーマー」というような「水平分業型」の業界構造に変わると言われているが、急成長中のDidi Chuxingは貪欲に「車両」でも「プラットフォーマー」でもNo.1を目指していくかもしれない。

そういう意味でも今回のNVIDIAの報道発表は、地味に重要なニュースだ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事