先進モビリティ、第6期は売上高15億円超!自動運転システムを開発

2014年設立の東京大学発ベンチャー



出典:官報

東京大学発ベンチャーの先進モビリティ株式会社(本社:東京都目黒区/代表取締役:青木啓二)の第6期決算(2019年6月1日〜2020年5月31日)が、2021年3月19日付の官報に掲載された。

先進モビリティは2014年6月に設立された東京大学発ベンチャーで、第6期決算では売上高が約15億1,600万円計上されている。当期純損失は約3,800万円。







貸借対照表の要旨(単位:千円)
資産の部
流動資産 1,160,599
固定資産 9,295
資産合計 1,169,894
====
負債及び純資産の部
流動負債 245,491
固定負債 103,393
負債合計 348,885
株主資本 821,008
資本金 709,748
資本剰余金 699,748
資本準備金 699,748
利益剰余金 △588,487
その他利益剰余金 △588,487
純資産合計 821,008
負債・純資産合計 1,169,894

損益計算書の要旨(単位:千円)
売上高 1,516,116
売上原価 1,191,098
売上総利益 325,017
販売費及び一般管理費 313,319
営業利益 11,698
営業外収益 445
営業外費用 6,602
経常利益 5,542
税引前当期純利益 5,542
法人税、住民税及び事業税 43,877
当期純損失 38,335

■信頼性・安全性の高い自動運転システムを構築

先進モビリティは、車両用自動運転システムの開発や車両開発、自動運転車の運用サポートなどを手がけている企業だ。

GPS(全地球測位システム)や磁気マーカーを活用した車両の位置推定技術や、センシング技術や制御技術、運行管制制御などを組み合わせ、信頼性・安全性の高い自動運転システム・車両を構築している。

トラックの隊列走行や自動運転バスなどの実証経験も豊富だ。公道実証における自動運転バスの走行実績は2020年3月末時点で走行距離1万キロ、試乗者は9,000人を超えたという。

2020年2月には三井不動産から出資を受けることが発表された。両社は2019年11月から2020年3月まで、千葉県柏市のつくばエクスプレス「柏の葉キャンパス」駅周辺エリアで、自動運転バスの営業運行を目指し、自動運転バス実証に取り組んでいた。

2020年6月には損害保険ジャパンと三菱オートリースなどとともに、「自動運転車の導入を支援するソリューション」を共同開発し、発売を開始した。

このソリューションは「自動運転車両、運用支援」(先進モビリティ)、「自動運転車両開発事業者等被保険者追加特約」(損保ジャパン)、「自動運転車用リース」(三菱オートリース)の3つで構成される。

■第7期はさらに売上高を高めていけるか注目

コロナ禍においても他社と共同でソリューションを開発するなど、精力的に事業に取り組んでいる先進モビリティ。第6期ですでに15億円超の売上高を計上しているが、第7期はさらに売上を積み上げていけるか、注目していきたい。

【参考】関連記事としては「自動運転で注目!国内外スタートアップ45社を総まとめ」も参照。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事