Amazon傘下の米Zoox、無人自動運転の公道テスト許可を取得 米カルフォルニアで4社目

セーフティドライバーなしで実証試験可能に



出典:Zoox公式サイト

2020年9月23日までに、自動運転技術開発のスタートアップである米Zoox(ズークス)が、カリフォルニア州で「セーフティドライバーなし」での自動走行車両の公道テストの許可を取得したと発表した。

2016年から「セーフティドライバーあり」の自動走行車両テストを認められていたZoox。今回の許可取得で州内の本社付近の一部の公道で、運転席にセーフティドライバーを乗せていない状態で自動走行車両2台のテストを実施することができることになった。







報道によれば、小雨や霧といった天候での走行も認められていて、時速約72キロまで出すことが可能だという。

これまで、全部で60社がカリフォルニア当局から「セーフティドライバーあり」での自動走行車両テストの認可を取得しているが、「セーフティドライバーなし」で許可されているのは、AutoX(オートエックス)とNuro(ニューロ)、Waymo(ウェイモ)だけだった。

■自動運転技術開発スタートアップ企業「Zoox」とは

Zooxは、2014年に米スタンフォード大学出身の技術者らによってシリコンバレーで設立された。自動運転のソフトウェア開発を手がけており、将来的にはロボタクシー車両を展開することを目指している。技術者の中には、アップルやテスラ出身のエンジニアも多い。

2020年6月には、ECサイト世界大手のアマゾンに買収されたことが発表された。英有力紙フィナンシャル・タイムズによると、買収額は12億ドル(約1,300億円)以上に上る。

アマゾンにとってこの買収は無人宅配を実現させたい狙いがあるのはもちろんだが、将来自動運転タクシー事業に参入する可能性もあるとも考えられるとされている。

■今回の許可は「重要な節目」、事業さらに加速へ

Zooxの最高安全責任者のマーク・ローズカインド氏は今回の許可について「重要な節目」と強調している。完全無人での実証実験は技術や安全性を高めるために必ず必要なステップで、AmazonとZooxの事業展開を加速させることになりそうだ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事