Amazonに「自動運転タクシー事業」参入の可能性浮上 Zoox買収の狙いは「宅配」だけ?

タクシーでの貨客混載で本業とシナジーも





Amazonのジェフ・ベゾスCEO=出典:Amazonプレスセンター

米アマゾンによる自動運転技術開発の米Zoox(ズークス)買収は、無人宅配の実現に向け、アマゾンにとっては大きな前進と言える。ただ同社のもくろみは無人宅配だけでなく、将来の「自動運転タクシー」事業の展開にもあるのかもしれない。

■アマゾンはタクシー事業への参入も狙っている?

Zooxは米スタンフォード大学出身の技術者らが2014年に立ち上げた自動運転スタートアップだ。これまでに大型資金調達を成功させ、すでにメンバー約1000人の大所帯となっており、アップルやテスラ出身のエンジニアも多い。







英有力紙フィナンシャル・タイムズによると、アマゾンによるZooxの買収額は12億ドル(約1300億円)以上で、IntelのMobileye買収(約153億ドル)には及ばないが、自動運転領域においてもかなり高めの買収額になりそうだ。

アマゾンはEC(電子商取引)世界大手だ。買収によって無人宅配のスタンダード化を実現させる狙いは当然あるとみられるが、自動運転タクシーの高い将来性やジェフ・ベゾスCEO(最高経営責任者)の先見の明を考えると、Zooxの技術を活用してタクシー自動運転タクシー事業に将来参入することも十分に考えられる。

何より、Zooxは自動運転タクシー向けの車両の開発に力を入れてきたという経緯があり、せっかく手に入れた技術を宅配向けだけに活用するのは、客観的にみてももったいない気もする。

■自動運転タクシー展開でEC事業とのシナジーも

EC事業のほかクラウド事業や動画サブスク事業など、幅広くサービスを展開するアマゾン。自動運転タクシー事業に参入しても不思議はない。

自動運転タクシーを貨客混載で使えば、EC事業とのシナジーも出てくる。アマゾンの今後のZooxの「活用方法」に注目したいところだ。

【参考】関連記事としては「Amazon、加州の自動運転実績6位のZoox買収!無人配送へ前進」も参照。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事