報酬は6年間で35億円!Luminarが引き抜いたテスラ元副社長

SECに提出した資料から判明



米Luminar Technologies(ルミナー・テクノロジーズ)は2021年4月、米EV大手テスラで法務担当副社長を務めていたアラン・プレスコット氏を引き抜き、最高法務責任者に就かせた。そしてこのほど、Luminarがプレスコット氏に提示した待遇が明らかになった。







自動車業界での豊富な経験を持つ弁護士であるプレスコット氏。Luminarが米証券取引委員会(SEC)に提出した資料によれば、プレスコット氏に提示した報酬は株式報酬などを含め、6年間で3,000万ドル(約35億円)規模にのぼるようだ。

これらの報酬とは別に、Luminarの社員としての年間30万ドル (約3,500万円)の基本給に加え、5万ドル(約580万円)のボーナスも支払われるようだ。

▼Luminar Technologies公式サイト
https://www.luminartech.com/

■フォード、テスラ、そしてLuminarへ

プレスコット氏はエンジニアとしてフォードに1年在籍し、それからジョージタウン大学で法律の学位を取得した。その後、フォードに戻って10年間勤務し、2017年にテスラに入社した。

テスラにいた期間は約4年で、2021年4月にLuminarの最高法務責任者として入社した。余談ではあるが、プレスコット氏が「LiDAR不要論」を唱えるイーロン・マスク氏のもとから、LiDARを開発するLuminarに移ったことは、何とも興味深い。

ちなみに報道などによれば、テスラの法務担当者はここ数年で何人も退職しているようだ。たとえば元副法律顧問であるリン・ミラー氏は2021年に退職し、自動運転トラックのスタートアップであるPlusに入社したという。

■ラッセル氏が率いる新興企業Luminar

Luminarについて簡単に触れておく。自動運転に欠かせないLiDARを開発するLuminarは、当時高校在学中の17歳のオースティン・ラッセル氏が2012年に設立した企業だ。2020年12月に米ナスダック市場へSPAC上場を果たした。

トヨタやボルボ・カーズ、モービルアイ、ダイムラートラックス、中国の上海汽車(SAIC)、など多くの企業と提携し、着実に量産車や自動運転車に対してLiDARを供給する契約を獲得している。

自動運転ラボでは以下の記事でLuminarのこれまでの取り組みをまとめているので、参考にしてほしい。

▼Luminarの年表!自動運転の目「LiDAR」を開発
https://jidounten-lab.com/u_luminar-history

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。JV設立やM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立し、設立5年でグループ6社へと拡大。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域メディア「自動運転ラボ」を立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術や企業の最新情報が最も集まる存在に。(登壇情報
【著書】
自動運転&MaaSビジネス参入ガイド
“未来予測”による研究開発テーマ創出の仕方(共著)









関連記事