自動運転、北米でついにレベル3量産車販売へ!BMW、2022年後半に

幹部談、「7シリーズ」に最新技術搭載



ドイツの自動車メーカーのBMWの幹部が語ったところによると、同社は2022年にも「自動運転レベル3」(条件付き運転自動化)を搭載した車両を発売する予定のようだ。米メディアが報じた。







■2022年後半に北米で発売予定の「7シリーズ」に

レベル3は一定条件下での自動運転が可能な技術レベルを指す。市販車では世界で唯一、日本のホンダがレベル3搭載車を発売している。このままいけば、BMWがレベル3搭載車の市販でホンダに続くことになりそうだ。

BMWの開発責任ディレクターであるFrank Weber氏によると、2022年度後半にも北米で発売する次世代型「7シリーズ」のフルサイズセダンに、自動運転レベル3の機能を搭載し、発売する見通し予定だという。

Weber氏によれば、レベル3を7シリーズに搭載したあと、量産中の5シリーズの中型セダンや「X5」や「X7」などのSUV(多目的スポーツ車)にもレベル3を順次搭載していく予定だという。

【参考】関連記事としては「ホンダの自動運転レベル3搭載車「新型LEGEND」を徹底解剖!」も参照。

■公道で自動運転が可能になるのは「レベル3」から

欧米の自動車メーカーは、すでに「自動運転レベル2」(部分運転自動化)の技術を市販車に搭載している。GMのSuper CruiseやフォードのBlue Cruiseなどは、いずれもレベル2を実現するシステムだ。

ただし、自動運転レベル2は「ADAS」(先進運転支援システム)の水準であり、自動運転が可能な水準ではない。一定条件下とはいえ、公道で自動運転が可能になるのはレベル3からだ。そういった意味でも、レベル3の車両の発売は注目すべきトピックであると言える。

ちなみにレベル3の車両に関しては、Audiの「A8」が世界初と称されることもあるが、A8に関しては法規制がネックとなり、レベル3のシステムが搭載可能だが、実際には搭載されていないのが現状だ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。JV設立やM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立し、設立5年でグループ6社へと拡大。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域メディア「自動運転ラボ」を立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術や企業の最新情報が最も集まる存在に。(登壇情報
【著書】
自動運転&MaaSビジネス参入ガイド
“未来予測”による研究開発テーマ創出の仕方(共著)









関連記事