2027年には7倍に!自動運転向け地図市場、8,600億円規模へ

年平均31.7%で成長する見込み



調査会社のReport Oceanは2021年10月26日までに、自動運転車用HDマップの世界市場のレポートを発表した。







レポートによれば、自律走行車用HDマップの世界市場における2021年から2027年のCAGR(年平均成長率)は31.7%となる見込み。市場規模は2020年時点で11億ドル(約1,260億円)だが、2027年には75億6,000万ドル(約8,600億円)まで膨らむ見通しのようだ。

■自動運転に必要不可欠な要素

自動運転化は電動化と並んで、いま自動車業界で注目されているテーマだ。日本のトヨタやホンダのほか、テスラやGM、フォード、VWグループなど世界中の大手OEMメーカーが自動運転技術の開発に取り組んでいる。

自動運転に必要不可欠な要素の1つに高精細な地図があり、各メーカーは高精細地図のサプライヤーと協力している。

■高精度マップを開発する主要プレイヤー

高精度マップのほか、高精度マップに動的情報を追加した「ダイナミックマップ」を事業として手掛ける世界の主要プレイヤーを紹介しよう。

TomTom(オランダ)

欧州のダイナミックマップ業界をリードするオランダの位置情報テクノロジー企業で、世界30カ国に拠点を持つ。

これまで自動運転向け高精度マップ「TomTom HD Map」や自動運転機能が安全に使用できる場所を判断しODD(運行設計領域)の定義に活用できる「TomTom RoadCheck」、地図ベースのADAS(先進運転支援システム)ソフトウェアなどを発表している。

▼TomTom公式サイト
https://www.tomtom.com/

HERE Technologies(オランダ)

1986年からマッピングデジタル事業を開始し、自動運転車向けのダイナミックマップを手がける。2020年1月にドライバーの安全性向上に向けた3D道路モデル「HERE Lanes」を発表した。

独自動車メーカー2社をはじめ、ボッシュ、コンチネンタル、インテル、NTT、三菱商事、パイオニアなどが出資しており、日本との接点も多い。

▼HERE Technologies公式サイト
https://www.here.com/

NavInfo(中国)

地図・位置情報サービスを手がけ、HDマップや多角的自動運転ソリューションを開発・提供している。テンセントから出資を受けており、アリババ系AutoNaviや百度がライバルと言われている。

▼NavInfo公式サイト
https://navinfo.com/en/

ダイナミックマップ基盤(日本)

国内の自動車メーカー10社や地図情報を扱う民間企業が結集し、高精度3次元地図データの整備を目的に2016年に設立した。

2021年3月時点で国内高速道路や自動車専用道路の上下線計3万1,777キロのマップ化を完了している。2024年度には一般道を含めた約13万キロまでの整備拡大を目指している。

▼ダイナミックマップ基盤公式サイト
https://www.dynamic-maps.co.jp/

■驚異的な成長予測が見込まれる市場

自動運転レベル2やレベル3の技術を搭載した車両の普及がどんどん進む中で、驚異的な成長予測が見込まれる高精度マップ市場。仕様の標準化やデータ更新コストの軽減など課題も多いが、引き続き高精度マップ市場の動向に注目していきたいところだ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。JV設立やM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立し、設立5年でグループ6社へと拡大。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域メディア「自動運転ラボ」を立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術や企業の最新情報が最も集まる存在に。(登壇情報
【著書】
自動運転&MaaSビジネス参入ガイド
“未来予測”による研究開発テーマ創出の仕方(共著)









関連記事