グーグルのAI自動運転開発、市場価値20兆円規模に ウェイモで展開本格化 持株会社アルファベット全体では93兆円

自動運転タクシー事業加速


出典:ウェイモ社メディアキット

米グーグルの持株会社であるアルファベット社の市場価値が8450億ドル(約93兆円)に上り、そのうちの20%超となる1750億ドル(約20兆円)を自動運転開発部門が占めていることが、2018年8月20日までに明らかになった。

ここ数年で急速に注目を高めている自動運転事業に、グーグルが本腰を入れて取り込んでいるということが改めて鮮明になったと言える。







グーグルでは同社系自動運転開発会社ウェイモが、自動運転タクシーなどの開発に取り組んでいる。実証実験での通算走行距離は2018年7月時点で800万マイル(約1300万キロ)に達している。







関連記事