BMWがライドシェアサービス開始 「ReachNow」アプリとウーバーの違いは?

米シアトルでまず提供スタート


ドイツ大手自動車メーカーのBMWが手掛ける最新アプリ「ReachNow(リーチナウ)」。これまではカーレンタルの予約アプリだったが、2018年7月から「ライドシェア」もリクエストできるようになったようだ。Conde Nast Travelerが報じた。







このアプリはアメリカ国内のポートランドとブルックリン、シアトルの3都市でサービスを提供している。このうちシアトルでは今回の新サービス「ライドシェア」が利用できるようになり、車をプロの運転手がついた形で即座にレンタルすることができるようになったという。

米ライドシェア大手ウーバー・テクノロジーの場合は、事前登録した「個人」に運転してもらう形だが、BMWの場合は「プロ」が運転する。こうした違いによって、目的によってはウーバーのアプリとBMWのアプリを使い分けする人が増えるかも?

報道によると、BMWのライドシェアサービスの料金は時間制。1マイルごとに2.4ドル(約260円)、1分ごとに0.4ドル(約44円)が加算される仕組みという。







関連記事