IT企業トライポッドワークス、MaaS事業で子会社設立

車載IoTプラットフォームを月額サービスで提供





IT企業のトライポッドワークス株式会社(本社:宮城県仙台市/代表取締役社長:佐々木賢一)は、MaaSプラットフォーム事業を専門に行う子会社「株式会社アイ・ジー」を2019年2月24日までに設立したと発表した。







新たに設立した子会社では、MaaS関連市場に対して車載向けプラットフォームサービスを提供し、商用車向け車載IoT事業の拡大を目指す。

報道発表では「車載IoTサーバーを中心に、クラウドへの通信料と遠隔機器管理機能を含むプラットフォームを開発、商用車向け車載IoTプラットフォームを月額サービスで提供します」としている。

2019年3月から早速月額サービスの受注を開始し、6月から日本とインドネシアでサービス提供を開始する見込みだという。

トライポッドワークスは2005年に設立した企業で、さまざまな分野でITを活用したサービスの提供を行っている。企業向けオンラインストレージサービスから乳児の昼寝を見守る「べびさぽ」やメール誤送信対策ソフトなど、ユニークなサービスも多い。







関連記事