トヨタ、運転支援機能「ガーディアン」を他社に提供 CES 2019で明らかに

TRIのギル・プラットCEOが表明





トヨタ自動車(本社:愛知県豊田市/代表取締役社長:豊田章男)は2019年1月7日、自社で開発する運転支援機能「ガーディアン」を他社に提供していく方向性を発表した。







米ラスベガスが舞台の世界最大級の家電見本市「CES 2019」において、トヨタのアメリカ子会社TRIのギル・プラット最高経営責任者(CEO)が講演で明らかにした。

講演の中でガーディアンについて「Guardian for all(ガーディアンを全ての方に)」と述べ、「この業界の中にも提供していければと思っています」と語った。運転支援機能はメーカー各社などが開発を進めており、この分野における主導権争いが一層激化していく可能性が高そうだ。

トヨタ自動車はCES 2019でガーディアンを搭載する新型の自動運転実験車両「TRI-P4」を発表している。







関連記事