CES 2019:米半導体大手エヌビディア、自動運転レベル2+の「NVIDIA DRIV AutoPilot」発表

複数のAI技術を実装





出典:エヌビディアプレスリリース

米ラスベガスが舞台の世界最大級の家電見本市「CES 2019」(2019年1月8〜11日)に合わせ、米半導体大手のエヌビディアが「自動運転レベル2+」のNVIDIA DRIVE AutoPilotを発表した。

NVIDIA DRIVE AutoPilotは複数のAI(人工知能)技術を実装し、最新の認識機能も搭載している。同社は「これによって、来年までに監視付き自律走行車両の生産が可能になります」としている。







具体的には導入により、洗練された自動運転機能や運転支援、可視化機能などを実現することができるようになるという。

CES 2019ではドイツの自動運転部品メーカーのコンチネンタルとZFがNVIDIA DRIVEを基盤とした自動運転レベル2+の自動運転ソリューションを発表する。







関連記事