「自動運転時代のエアバッグ」、豊田合成が東京モーターショーで紹介

シート一体化型、多様な姿勢に対応





出典:豊田合成プレスリリース

トヨタグループの豊田合成株式会社(本社:愛知県清須市/社長:宮﨑直樹)は、2019年10月23日から開催される「東京モーターショー2019」で、CASE(コネクテッド、自動運転、シェアリング、電動化)に対応する技術などを紹介する。

目玉の一つが「自動運転時代のエアバッグ」だ。自動運転時代は車内での時間の過ごし方が多様化するため、乗っている人の姿勢が今よりも多様化すると言われている。今回同社が紹介する新たなエアバッグはそうした点を加味し、エアバッグをシートに一体化させているという。







新たなハンドルに関する技術として、運転手の状態をカメラとセンサーで感知する「見守り機能」も紹介する。来年日本で解禁される「自動運転レベル3」(条件付き運転自動化)では、自動運転時に運転手がいつでもシステムと運転操作を交代できる状態でなければならない。そのためこうした見守り機能はレベル3の車両への実装を後押しする存在になりそうだ。

そのほか、「Flesby III」と呼ばれるAI搭載のコンセプトカーも紹介する。走行状況に応じて車体の形状を変化させる「省エネ機能」などが搭載されているようで、豊田合成の今年のブースは未来感満載の展示となりそうだ。







関連記事