自動運転バス、実証実験は「小型」から「中型」へ 国交省・経産省が発表

交通事業者選定へコーディネータを公募





国土交通省は経済産業省と連携して実施しているラストマイル自動運転の実証実験について、新たに「中型自動運転バス」を用いた公道実証実験事業を2019年度から2020年度に実施すると発表した。2019年度の交通事業者の選定に先立ち、公募や選定などを業務とする「自動運転バスコーディネーター」の公募も2019年4月19日から開始した。







これまでの実証実験では開発した小型カートと小型バスを用いていたが、より大型のバスを使用して実証実験を行いたいというバス会社などの声を受け、2019年度から新たに中型バスを用いた実証実験事業を立ち上げることに決めた。

2019年度は中型自動運転バスの開発と実証実験における評価基準の準備に取り組む。車両開発ではバスの製造と制御系装置などの改造、自動運転化への改造とテスト走行などが実施される予定だという。そして2020年度に実証実験を実施する。

自動車の自動運転化は交通事故削減や高齢者の移動手段確保に寄与するため、早期の実現が期待されており、政府は2020年までに限定地域における無人自動運転移動サービスを実現するという目標を掲げている。

今回公募する自動運転バスコーディネーターは「中型自動運転バスによる実証評価準備に関する支援業務」を具体化し、業務内容を作成するなどする。予算は総額で最大5610万円以内、応募締切は2019年4月26日まで募集している。

【参考】関連記事としては「国交省が「地域版MaaS」の実証実験支援 最大5000万円補助」も参照。







関連記事