独Continental、OTAでの即時アップデート可能な高性能コンピューター量産 自動運転実現にも貢献

VWのEVブランド「ID.」向けに





出典:コンチネンタル・オートモーティブ社プレスリリース

ドイツ自動車部品大手コンチネンタルは2019年12月2日までに、同社の新型高性能コンピューター「ICAS1」をフォルクスワーゲン(VW)の新モデル向けに量産することを発表した。

コンチネンタルはこの新型高性能コンピューターについて「完全な電気自動車、完全なコネクテッドカーを実現する」(報道発表)ものと説明している。







この新型高性能コンピューターはVWの次世代EV(電気自動車)ブランド「ID.」に採用される形となり、無線通信によってソフトウェアを更新する「Over The Air(OTA)」技術での即時アップデートも実現可能にするという。

「ID.」は自動運転化も視野にVWが開発に取り組んでおり、自動運転車でも必要となるOTA技術に強い車載コンピューターは、VWも歓迎しているはずだ。







関連記事