アリオンとSGS、コネクテッドカーの通信検証で戦略的協業

外部・内部通信をワンストップで





第三者検証・認証試験を手掛けるアリオン株式会社(本社:東京都品川区/代表取締役社長:中山英明)とスイスが本拠地のSGSジャパン株式会社(本社:神奈川県横浜市/代表取締役社長:鈴木信治)は、コネクテッドカー(つながるクルマ)の関連事業で戦略的に協業すると発表した。







自動車市場でコネクテッドカーの販売が増えていくと見込まれている中、両社は今後、車両の外と中の両方の通信状況などの検証を一度に行うサービスを外部向けに提供していくようだ。

今回の協業では、アリオンはAI(人工知能)アシスタントの音声認識や自動車とスマートフォンなどとの接続性の検証などの主に自動車内部の通信を、SGSは5G通信や車路間・車車間通信など、自動車外部におけるコネクティビティの検証を行う。

両社は報道発表で「お互いが有する検証領域における強みとAI IoT検証ソリューションを組み合わせ、次世代のコネクティッドカー検証に向けたサービスを拡大してまいります」としている。







関連記事