中国EVメーカー、2030年までに軒並み「自動運転レベル5」実現

NNA、2019年のEV販売台数は160万台と予測





共同通信グループのアジア特化媒体「NNA」は2019年4月19日までに、中国の主要・新興EV(電気自動車)メーカーのCASE戦略を分析した結果を公表した。







各EVメーカーの自動運転技術に関する取り組みについても調べ、NNAは発表で「ほとんどの企業が2030年までにレベル5(完全自動運転)を実現させるべく開発を進めています」としている。

分析結果は「中国EV産業2019 ~主要・新興メーカーのCASE戦略」という資料(10万円)にまとめられている。調査対象はEV主要メーカー14社、EV新興メーカー11社だという。

報道発表では、2019年のEV販売台数は160万台に達するとNNAは予測している。







関連記事