独アウディ、電動化や自動運転分野に5年間で1.8兆円投資

2019〜2023年、デジタル化も推進


アウディのブラム・ショット暫定取締役会会長=出典:アウディプレスリリース

ドイツ自動車メーカー大手のアウディは2018年12月4日、電動化とデジタル化、自動運転化などの分野で2019年から2023年までの5年間で140億ユーロ(約1兆8000億円)を投資する計画を発表した。

この投資額には設備投資費や研究開発費も含まれるという。発表によれば、今回の投資計画を含む今後5年間の総投資額は400億ユーロ(約5兆1000億円)に上る。







アウディは自社ブランドとしては初の電気自動車(EV)「e-tron」を公開・発表しているなど、販売車両の電動化に関する施策を積極的に進めている。自動運転分野でも米ディズニーとエンタメコンテンツの制作に乗り出すなど、最近は話題に事欠かない。

【参考】関連記事としては「アウディの自動運転戦略まとめ 車種一覧やA8が備える機能」も参照。







関連記事