【速報】DeNA、東京で「0円タクシー」の運行開始 広告宣伝費活用して乗車料金無料に 配車アプリの認知向上へ

AI需給予測も開始へ


DeNAが記者発表で発表した0円タクシー=撮影:自動運転ラボ

株式会社ディー・エヌ・エー(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長兼CEO:守安功)=DeNA=は2018年12月5日、タクシー配車アプリ「MOV(モブ)」のサービスを同日から東京都内で開始し、乗客の利用料金が無料となる「0円タクシー」の走行もスタートさせることを発表した。

0円タクシーは、新たな移動体験をさまざまな形で実現する取り組みとして進める「PROJECT MOV」の第1弾。発表によれば、契約スポンサーとMOVの広告宣伝費から乗客の乗車料金を支払うことで、乗車料金が無料になる。初回のスポンサーは「日清のどん兵衛」。







同社は今回のキャンペーンを通じて、MOVの認知獲得やタクシー利用のハードルを下げていきたい考え。0円タクシーの実施期間は12月5日から12月31日までで、走行時間帯は午後1時から午後10時。

走行台数は50台で、配車可能エリアは渋谷区、新宿区、港区、中央区、千代田区付近となる。ユーザーは0円タクシーが乗車可能範囲内を走行しているときに、0円タクシーを配車することが可能だという。

発表によれば、利用料金が無料になるのは目的地が東京23区内の場合。対象地域以外の場合に行く場合には、全額を通常通り支払う必要があるという。経由地の指定や乗車途中での待機はできない。

DeNAはまた、2019年2月から後部座席タブレットを設置し、3月末までにタクシー1万5000台に搭載を目指していく方針。QRコード決済や最適なコンテンツ配信のための性別・年代推定機能などの搭載も予定しているほか、AI(人工知能)需給予測ナビシステム「AI探客ナビ」も導入していく予定。







関連記事