DeNA

【4月19日最新】クルマのサブスク・リース、おすすめ14社を徹底比較!料金・...

クルマは「所有」から「利用」へと変化しつつあるいま、サブスクやリースの需要が高まっている。自動車メーカーをはじめとした多数の企業がサービスを展開しているが、取り扱い車種や契約内容、料金にはどのような違いがあるのだろうか。 ...

日産の自動運転戦略(2024年最新版) プロパイロットの技術力、Easy R...

日産自動車は、自動運転レベル2(部分運転自動化)の技術を「Pro PILOT(プロパイロット)2.0」として、一部市販車に搭載している。高速道路でのハンズオフ運転を可能にする機能で、2019年9月から搭載がスタートしている。 ...

GOタクシーアプリの使い方・クーポン情報を徹底解説!

皆さんはタクシー配車アプリは何を使っているだろうか。最大手かつ人気急上昇中なのが「GO(ゴー)」だ。各種調査によると、ダウンロード数や利用者数、利用率でDiDiやUber Taxiを抜き、トップに君臨している。現在は全国45...

GO、タクシー会社の「ライドシェア運転手」採用を支援

タクシー配車アプリ最大手の「GO」を展開するGO株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:中島宏)は2024年1月18日までに、「日本型ライドシェア」の導入を検討するタクシー事業者に対し、ライドシェア運転手の採用支援などを開始する...

自動運転タクシー、日本第1号は「米国から7年遅れ」濃厚に 最短で2026年か...

2025年をめどに50カ所で自動運転サービスを実現する目標を掲げる日本。目標達成に向け、各所で自動運転バス実用化に向けた取り組みが加速している。 一方、自動運転タクシーは遅れをとっている印象が強く、実現に向け継続的かつ大掛かり...

タクシー配車大手GO、IPOへ準備中!ライドシェア解禁、逆に追い風に

日本交通とDeNAが出資するモビリティテクノロジー企業であるGO株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:中島宏)がIPO(新規株式公開)の準備を進めている。同社は、タクシーアプリ「GO」を運営している。上場時期は未定だが、すでに...

DeNA SOMPO Carlife、4.4億円の赤字決算 クルマ定額サービ...

モビリティサービス事業を手掛ける株式会社DeNA SOMPO Carlife(本社:東京都渋谷区/代表取締役社長:水沼義尚)の第5期(2023年3月31日現在)決算公告が、このほど官報に掲載された。 当期純損失は、前期から赤字...

自動運転タクシーとは?(2023年最新版)

米Waymo(ウェイモ)の商用サービス実施を皮切りに、現実味を帯びてきた自動運転タクシー(ロボットタクシー)。ドライバー不在の自動運転タクシーが当たり前のように客を乗せて市街地を走行する光景も、近い将来、当たり前のものとなっていくは...

三菱自動車の自動運転戦略(2022年最新版)

世界の自動車市場で一大グループを形成するルノー・日産・三菱アライアンス。各社がそれぞれの強みを持ちより、技術の共有化を推進している。 アライアンスに2016年に加わった三菱自動車は、同盟内でどのような立ち位置を担い、CASE時...

自動運転とサービス(2022年最新版)

無人の自動運転車が市街地や郊外を当たり前のように走行する未来がやってくる。すでに、限定条件下で自動運転が可能となる「レベル3」をホンダが市販車に搭載し、特定エリア内での完全自動運転が可能な「レベル4」の自動運転タクシーも登場している...