自動運転ベンチャーZMP、実証実験の最新動画を公開 RoboCarが都内を走る

信号検出や車線変更、右左折…


自動運転ベンチャーの株式会社ZMP(本社:東京都文京区/代表取締役社長:谷口恒)は、2018年8月27日から9月8日にかけて東京都内で実施した自動運転タクシーの実証動画を、2018年10月7日までに公式サイトと動画サイトYoutube上で公開した。動画は4分25秒にわたるもので、出発から到着まで、小雨時における信号の検出や車線変更、右左折などの様子を観ることができる。







実証実験でZMPは自社開発した自動運転車両「RoboCar(ロボカー)」のミニバンタイプを使用し、東京都千代田区の大手町フィナンシャルシティグランキューブと東京都港区の六本木ヒルズの間の5.3キロで、タクシー業者の日の丸交通とともに自動運転タクシーの営業走行を行った。

動画では車内の後部座席から撮影した動画や走行中の様子を後方車から撮影した動画を観ることができる。ZMPと日の丸交通は2020年野自動運転タクシーの実用化を目指している。今回の営業走行では事故もなく、より実用化に期待感が増した。







関連記事