ルノー・日産・三菱のVC、中国の自動運転スタートアップ「WeRide.ai」に34億円出資

レベル4実現へテスト走行加速へ


出典:WeRide.ai社公式ウェブサイト

ルノー・日産自動車・三菱自動車工業が設立したオープンイノベーションを支援する企業ベンチャーキャピタル(VC)ファンド「アライアンス・ベンチャーズ」が、中国の自動運転スタートアップ「WeRide.ai」に3000万ドル(約34億円)を出資した。VC側は同ベンチャーの株式の6%を取得することになるようだ。2018年11月2日までに発表した。

  1. 中国EVスタートアップのHUMAN HORIZONSが、埋め込み道路センサー構想
  2. 中国のコネクテッドカーブランド「Lynk&Co」、新型セダンにアプリ簡単インストール機能
  3. 中国スタートアップ、自動運転の「脳」完成へ1000億円資金調達 レベル4の搭載へ
  4. 中国・上海市、自動運転含むICVの走行実験区間を拡大

WeRide.ai社は人工知能(AI)技術を活用して自動運転レベル4(高度運転自動化)の実現を目指す中国のスタートアップ企業で、2017年に創業した。







出資金を活用し、2019年に自動運転車500台の累計実走行距離を500万キロまで伸ばす。現在の累計走行距離は6万キロ。同社は自動運転の遠隔操作に中国国内の企業としては初めて5Gネットワークも利用するようだ。

2018年1月に設立した「アライアンス・ベンチャーズ」は、次世代自動車技術の最先端に立つ起業家や新興企業を支援するためにつくられたVCファンド。中国企業への投資はWeRide.ai社が最初となるという。







関連記事