シンガポールの配車大手グラブ、Masterカードと提携 金融サービス拡充へ

口座がない人もオンライン決済可能に


シンガポールのライドシェアサービス大手のグラブ(本社:ミッドビューシティ/最高経営責任者:アンソニー・タン)とクレジットカード世界大手の米マスターカード(本社:ニューヨーク州/最高経営責任者:Ajaypal Singh Banga)が提携することが、2018年11月2日までに明らかになった。







  1. トヨタ、出資先のライドシェア大手グラブの運転手に優遇策 ローンや頭金で
  2. マイクロソフト、東南アジアのライドシェア大手グラブに出資
  3. ライドシェアとは? 意味や仕組み、ウーバーなど日本・世界の企業まとめ
  4. 【速報】ライドシェア乗車数、1日3500万回 ソフトバンク傘下Uberなど4社

提携によって、グラブはお膝元である東南アジアにおいて2種類のプリペイドカードを発行する。一つは実際に手に持つことができるプリペイドカードで、もうもう一つは形のない仮想カードだ。グラブのユーザーなどが利用できるようにし、口座を持っていない人でもオンライン決済ができるようにする。

プリペイドカードは2019年の上半期からシンガポールとフィリピンなどで使用ができるようにする。カードに登録したユーザーは、マスターカードが利用可能な店舗やECサイトで、プリペイドカードを利用しての決済が可能になる。

【参考】関連記事としては「グラブが爆速1億DL突破 東南アジアでライドシェア事業」も参照。







関連記事