自動運転やつながるクルマ、自動車試験市場の拡大に一役 2024年に3100億円規模に

米フロスト&サリバンが予測発表


自動車試験の関連市場は2017年から2024年に年平均成長率6.8%で伸び、規模は17億7000万ドル(約2000億円)から28億1000万ドル(約3100億円)にまで成長する——。米リサーチ・コンサルティング企業のフロスト&サリバン社が2018年11月12日までに、こんな予測を発表して話題を呼んでいる。







  1. 自動車学校、迫る”消滅”危機
  2. AI自動運転車の利用シーンを予測してみた
  3. 自動運転車が渋滞を緩和させるワケ
  4. AI自動運転と手動運転、女性にモテのは?

フロスト&サリバン社は自動運転車やコネクテッドカー、EV(電気自動車)に関連する技術革新が進む時期が続き、電子検査機器や検査システムなどを含む自動車試験ソリューションなどのビジネス領域においては、ビジネスチャンスが増えるという見方を示している。

次世代自動車の開発が進むにつれて、さまざまな市場が拡大していく。例えば、自動運転の「目」とも呼ばれるLiDARの市場は2030年には現在の200倍の5000億円規模(出荷額ベース)まで膨脹すると言われており、車載向け組込ソフトウェア市場も2030年には2014年と比べて2倍弱の8000億円規模まで拡大するという予測がある。







関連記事