自動運転車で配送!トヨタ出資のPony.ai、米カリフォルニア州で導入 新型コロナ対策

EC企業とタッグ、1日500〜700箱を届ける



出典:Pony.ai公式ブログ

トヨタが4億ドル(約440億円)出資する中国スタートアップのPony.aiが、米カリフォルニア州でEC企業の米Yamibuyと組み、自動運転車両を使った配送サービスに着手し始めたようだ。新型コロナウイルスの感染拡大を防止する無人ソリューションとして注目を集めている。

サービスをローンチしたのは、カリフォルニア州のアーバイン。Pony.aiの広報担当者によれば、1日で500〜700個の荷物を配送できるという。このサービスのためにPony.aiは自動運転車両を10台程度導入しているようだ。







仕組みとしては、顧客から注文が入ると自動運転車がYamibuyの倉庫に荷物を取りにいき、その後、注文してくれた人の場所に向かうようだ。車両が到着すると注文者に連絡がいき、注文者は車両の中から荷物を受け取る形だという。

■Pony.ai、公道試験中止後に今回のサービスローンチ

Pony.aiは、自動運転タクシーの商用サービスを世界で初めて開始したGoogle系ウェイモのライバルとされている企業だ。創業者のJames Peng氏とTiancheng Lou氏は、過去に中国企業の百度(バイドゥ)やGoogleで技術職として働いていた経歴がある。

Pony.aiはいまは中国に拠点を置くが、元々はカリフォルニア州で創業した企業で、2017年からカリフォルニア州で公道実証を始め、2018年には中国・広州で自動運転タクシーの実証実験を開始している。

2019年11月からはカリフォルニア州アーバインでヒュンダイとともに自動運転タクシー「BotRide」の試験運用を開始したが、今回の新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、取り組みを中止していた。今回の自動運転車を使ったデリバリーサービスは、その中止の後に始めたものだ。

出典:Pony.ai公式ブログ
■感染拡大防止に自動運転技術が活躍

医薬品や検体の搬送、消毒液の散布…。新型コロナウイルスの感染拡大が深刻化する中、自動運転技術を活用した取り組みが注目を集めるようになっている。

自動運転ラボはこれまでにもこうした取り組みを取り上げている。各ニュースは「タグ:新型コロナウイルス|自動運転ラボ」から確認してほしい。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事