沖縄で観光型MaaSの実証実験!異業種が「ワンチーム」で実施

専用アプリで移動をシームレスに





沖縄県で観光型MaaSアプリ「沖縄CLIPトリップ」を使った実証実験がスタートした。期間は2020年2月4日から3月31日までだ。

実証実験に参加するのは、KDDIやJapanTaxi、ナビタイムジャパンをはじめ、沖縄セルラー電話、沖縄セルラーアグリ&マルシェ、沖縄ITイノベーション戦略センターなどだ。アプリ開発事業者やデータ連携事業者、サービス提供事業者、沖縄の観光・交通事業者らが一体となり、今回の実証実験に取り組む形だ。







KDDIは全体の総括やアプリの開発、JapanTaxiはタクシー配車機能の連携、ナビタイムジャパンはルート検索機能の提供など、各社がそれぞれの役割を担う。

■観光客増で交通渋滞、観光型MaaSで課題解決へ

同アプリでは、複数の交通手段を使ったルート検索に加え、現地ライターが書いた沖縄の観光記事も閲覧できる。その記事の内容に合わせてのルート検索やアクティビティの予約、タクシー配車なども可能となっている。

また、食べログとの連携による飲食店情報の提供やキャッシュレス決済、au損保と連携した国内旅行保険の契約機能なども備えている。

沖縄県内への観光客は2018年度に約1000万人を記録し、その数は年々増加中だ。一方、観光客の増加に伴い、空港や観光地の混雑、空港から観光地までの交通渋滞などの問題が顕著になっている。

今回の実証実験ではこうした課題の解決を図り、観光型MaaSの有用性を検証する。今後は観光コンテンツの拡充や多言語対応など、観光型MaaSの実現に向けてさらにアプリの充実度を高めていく方針だ。







関連記事