有料で「観光型MaaS」提供!沖縄県南城市、小型モビリティやオンデマンド交通を組み合わせ

NECソリューションイノベータやNearMeなどと実施





実証実験で使用される小型モビリティ=出典:NECソリューションイノベータ社プレスリリース

観光型MaaSサービスを実サービスとして有料で提供する取り組みが、2020年2〜3月にかけて沖縄県南城市などで実施される。那覇空港から南城市への移動、そして南城市内の周遊に複数の交通手段を使い、観光体験なども組み合わせたものだという。

この取り組みは南城市の観光振興や地域活性化などを目的に実証実験として実施される。実証実験には全部で6者が関わる。具体的には、南城市とNECソリューションイノベータ、NearMe、りゅうにちホールディングス、沖東交通、ギフティだ。







この観光型MaaSサービスでは、オンデマンド型のジャンボタクシーや小型モビリティ、オンデマンドバスなどの交通手段が活用される。ソフトウェア開発のNECソリューションイノベータとタクシー相乗りアプリの開発で知られるNearMeがスマホ向けMaaSアプリの開発を担当する。

実証実験の実施期間は2020年2月21日から3月22日までで、このサービスは募集型企画旅行として一般に有料で提供されるという。ウェブでの事前決済で申込が可能で、各交通機関を使用する際に料金を支払う手間などが掛からないという。

観光MaaSサービスのコンセプト図=出典:NECソリューションイノベータ社プレスリリース
■MaaSは確実に人々の移動を便利に

MaaSは今後確実に人々の移動を便利にする。バスや鉄道、レンタカーなどの移動手段は現在「縦割り」でそれぞれを利用しなければならなかったが、こうしたさまざまな移動手段を一つのプラットフォームで予約・決済できる社会を考えてみてほしい。便利になることは容易に想像がつくはずだ。

こうしたMaaSサービスはサービス提供エリアに住む住民の移動を便利にすると同時に、観光客にとっても嬉しいサービスだ。観光客などそのエリアに慣れていない人であるほど、どのような交通手段がどのようなルートで運営されているのか詳しくないからだ。そのため、一度の検索でルートと移動手段が予約・決済できれば、とても有り難いはずだ。

MaaSサービスはフィンランド発祥の「Whim(ウィム)」が有名だが、日本各地で既にアプリを使った実証実験が進んでいる。今回の南城市での取り組みもその一つで、実証実験の結果が注目されるところだ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事