紫外線照射が可能な⾃律⾛⾏型ロボ、国内販売開始へ コロナ対策で

香港Logic Robotics製ロボにUVC灯を搭載





海外ロボット製品の販売を手掛けるRoundyedge株式会社(本社:東京都千代⽥区/代表取締役::⽵内隆喜)は2020年6月9日までに、香港のテクノロジー企業Logic Roboticsと連携し、紫外線照射⾃律⾛⾏型ロボット「UVDoctor Robo」を国内で販売開始すると発表した。

報道発表によれば、新型コロナウイルスの除菌には紫外線の照射が効果があり、人の代わりにロボットが除菌をして回ることで、より効率的に感染対策をすることが可能になるという。







出典:Roundyedge社プレスリリース
■UVDoctor Roboとはどんなロボット?

UVDoctor Roboは、Logic Robotics社が開発する⾃律⾛⾏型ロボットの上に、UVC(短波長紫外線)灯を搭載した紫外線照射⾃律⾛⾏型ロボットだ。専用のソフトウェアを活用し、紫外線照射したいエリアをマッピングすることで、効率的な運用ができる。

マッピングによる自律走行が可能で、ルート上に障害物があった場合も自動で回避できる。⾛⾏ルートや停⽌場所、充電ポイントなども⾃由に設定・編集することができるため、さまざまな環境での使用が可能なようだ。

報道発表によれば、医療機関をはじめ、空港や駅などの公共施設、⼤型商業施設、レストランなど、さまざまな施設での普及を目指すようだ。

■中国で多くの使用例があるLogic Roboticsのロボット製品

Logic Roboticsは、AI(人工知能)技術の開発やロボットの開発・販売に取り組む企業だ。UVDoctor Roboの他にも、自動ナビゲーション型の自動無人搬送車「UNODOPO」や自動ナビゲーション型の警備ロボット「UNOPATROL」などを発表している。

これまでは中国で多くの使用例があるが、今後はRoundyedge社を通じて日本での販売も強化していくという。今後どれだけ日本市場でLogic Robotics社のロボットの存在感が高まるか、注目したい。

※自動運転ラボは新型コロナウイルス関連の記事を「タグ:新型コロナウイルス|自動運転ラボ」でまとめて発信しています。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事