中国Human Horizons、自動運転レベル3車両を生産開始へ 2017年設立のEVスタートアップ

2020年末から、OTAで常に最新ソフトウェア搭載か



出典:Human Horizons社プレスリリース

中国発の電気自動車(EV)スタートアップであるHuman Horizonsが、2020年末から生産を開始する完全電動車両「HiPhi X」について、当初から自動運転レベル3を搭載すると豪語している。

日本のホンダを含む複数の自動車メーカーが今年下旬から来年にかけ、市場に自動運転レベル3の搭載車両を投入するものとみられており、Human Horizonsも名乗りを上げた形となっている。







■HiPhi Xはどんな車両として投入されるのか

HiPhi XはOTA(Over The Air)によるソフトウェアアップデートで、常にソフトウェアの最新バージョンを搭載している状況を保てることが特徴のようだ。スマートフォンOSのアップデートをイメージすると分かりやすい。

同社はHiPhi Xについて、周囲の環境や乗員、多数の車両パラメーターと連携しながら、自らさまざまなことを学習する「自己学習スマート車両」としてもPRしている。

■Human Horizonsが自動運転開発企業の宿敵に?

Human Horizonsは2017年創業のEVスタートアップだ。2018年10月に「次世代のモビリティをよりスマートにする」ことを目的とした戦略を発表している。

その戦略では「新しいスマート車両の開発・製造」「車両やそれに伴うネットワークと資源のシェア」「コネクテッドカーと先進の自動運転システム」「スマート輸送アプリケーション」「スマートシティ開発」が核とされている。

Human Horizonsの自動運転技術はまだ未知数な部分もあるが、優れた自動運転技術がHiPhi Xに搭載されれば、自動運転車両を開発している自動車メーカーやIT企業の宿敵となりそうだ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事