空飛ぶクルマ市場のCAGR、2021~35年は47%!急拡大の要因は?

「陸」「空」対応型に注目集まる



出典:Report Oceanプレスリリース

市場調査レポートプロバイダーのReport Oceanが発行した「空飛ぶ自動車の市場規模 – 業界動向・予測レポート 2035年」によると、2021年から2035年の空飛ぶクルマ市場のCAGR(年平均成長率)は47.23%となる見込みのようだ。

■市場拡大要因は?主導する国は?

Report Ocean社によると、都市人口の増加や可処分所得の増加、輸送目的での空飛ぶクルマの需要増大によって、空飛ぶクルマの市場が大きく拡大するという。また、空飛ぶクルマ市場は中国・アメリカ・日本・インドを中心に、世界中で拡大していくと予測されている。







現在の地上輸送は道路の制約を受ける上、都市部になればなるほど渋滞になりやすい欠点がある。こうしたことから、先ほどの国々では特に輸送目的での空飛ぶクルマの導入に向け、国レベルで議論が行われている。

ただし、空中輸送はコストが高めであるほか、地上輸送よりも「小回り」が利かないことはデメリットだ。当面は発着場所が限られるからだ。そこで現在、「陸」と「空」の両方で利用可能な空飛ぶクルマに注目が集まっている。

■「2040年には140兆円規模」との市場調査も

空飛ぶクルマに関する市場レポートは、これまでにも複数発表されている。

独自動車メーカーのポルシェが100%出資しているポルシェコンサルティングの調査では、2035年には空飛ぶクルマの市場規模が320億ドル(約3.5兆円)に到達すると推定。また、TAM(実現可能な最大の市場規模)は2,300億ドル(約25兆円)と試算している。

アメリカの世界的な金融機関であるモルガン・スタンレーは、2040年にはTAMが1兆2,640億ドル(約140兆円)に到達すると予測している。

一方、米航空宇宙局(NASA)と世界的なコンサルティング会社のマッキンゼー・アンド・カンパニーの合同調査では、2030年には空飛ぶクルマにおけるラストワンマイル輸送の市場規模が21億ドル(約2,300億円)になると推定しているが、一部の都市地域を除き2030年にエアタクシーは実現しないと考えているようだ。

■【まとめ】今後の市場競争に注目

市場拡大が確実視されている空飛ぶクルマ。この領域で主導権を握ろうと、企業による空飛ぶクルマの開発も各国で加速している。日本にもSkyDriveなどのベンチャーを含め開発企業は少ない。今後の市場競争に注目だ。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事