車両セキュリティで日産絡む新タッグ…「世界中のドライバーの安全性を確保」

イスラエルのCybellum社が発表



出典:Cybellum公式サイト

イスラエルのセキュリティー企業Cybellumは2020年7月15日までに、同国の都市テルアビブにあるルノー・日産・三菱の3社連合開発研究施設との戦略的デザイン業務提携を発表した。

今回の業務提携により、モビリティ向けの革新的なサイバーセキュリティ技術を確立させ、市販車への搭載を目指すという。







コネクテッドカーや自動運転車では、従来の自動車よりもセキュリティの重要度が増す。外部との通信が増えることでハッキングのリスクが高まるからだ。

Cybellumのスラバ・ブロンフマンCEO(最高経営責任者)は今回の提携について「世界中のドライバー達の安全性を確保することにつながります」とコメントしている。

■車両全体のリスクアセスメントの実施に焦点

3社連合開発研究施設は、モビリティの「電動化」「コネクテッド化」「自動運転化」「新たなモビリティサービス」の開発に取り組んでおり、これらの開発に関連し、サイバーセキュリティー技術の向上に力を入れている。

一方、Cybellumが提供している車両リスク分析ソリューションは、車載ECU(電子制御装置)やそのほかの車両ソフトウェアの脆弱性を自動的に見つけ出せるといった特徴がある。

今回の提携で3社連合開発研究施設はCybellumのソリューションを利用できるようになり、今後はソフトウェアやハードウェアなど車両全体のリスクアセスメントの実施に焦点を当てていくとしている。

3社連合開発研究施設の総責任者であるエティエン・バービアー氏は、全自動の車両などの開発が今後進んでいくという点に触れた上で、「セキュリティー確保は車両製造業者にとってもはや避けられない課題」と述べている。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事