長安汽車、自動運転レベル3搭載車を量産へ 「中国初」と発表、レベル4は2025年までに

時速40キロ以内の交通渋滞で活躍





出典:長安汽車プレスリリース

中国の大手自動車メーカーの重慶長安汽車は、自動運転レベル3(条件付き運転自動化)の車両を2020年3月から量産すると発表した。同社は報道発表で「中国初」としている。

時速40キロ以内の渋滞時に車の自動運転を実現し、運転手の手・足・目を運転操作から解放するという。長安汽車は自動運転レベル4(高度運転自動化)の車両については、2025年までに販売を開始するとしている。







■中国とアメリカで実績積み上げ

長安汽車は中国とアメリカで自動運転実証の実績を積み上げ、ライバル企業がひしめく中で一定の存在感を示している。

2016年には重慶から北京までの2000キロのルートで自動運転テストに成功し、大きな注目を集めた。その翌年の2017年には、米ライドシェア準大手「Lyft」とカリフォルニア州の公道で実証を開始している。

2019年2月には自社開発の自動運転車55台で世界最長のパレード走行を行い、ギネス認定を受けた。このパレードでは各車両が最大時速30キロで3.2キロを走行し、セーフティードライバーが乗車していたものの運転は自動で行われた。

■レベル3搭載車の開発、世界で激化

自動運転レベル3を搭載する車両の開発競走は、いま激化一辺倒だ。既に独アウディがレベル3の機能を搭載した「A8」を発表しているが各国における規制から本格的なデビューはこれからで、長安汽車をはじめ自動車メーカー各社がアウディに負けじとレベル3車両の開発に力を入れている。

日本では道路交通法などの改正によって2020年4月に自動運転レベル3が解禁されることになっており、ホンダは夏にレベル3搭載車の発売を開始する計画のようだ。ほかの日本メーカーの動きも気になるところだ。

【参考】関連記事としては「自動運転技術(レベル3以上)の搭載車両は?」も参照。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事