エッジAI半導体メーカーBlaize、日本上陸!自動運転で車載向けにも

エヌエスアイテクスが販売代理店に



自動運転向けエッジAIの半導体を提供する米Blaizeは2020年11月19日までに、デンソーの子会社で高性能半導体IPの開発・販売を手掛けるエヌエスアイテクスを正規販売代理店として、日本での営業活動を開始することを発表した。







Blaize社は、アメリカの半導体大手インテルやNVIDIAなどで開発に携わったエンジニアが創業したベンチャー企業だ。従業員は約300人で、「GSP」(グラフ・ストリーミング・プロセッサ)と呼ばれるエッジAI向けの専用半導体とソフトウェアを、自動車メーカーや部品メーカーなどに提供している。

Blaizeにはデンソーのほか、独自動車メーカーのダイムラーやカナダの自動車部品大手マグナ、韓国の半導体大手サムスンといった業界のキープレイヤーが出資していることでも知られている。

■自動運転向けエッジAIに求められる能力は?

Blaizeによると、自動運転車に搭載されるようなエッジAIには、幅広く利用されるCPU(中央演算処理装置)やGPU(画像処理半導体)ではなく、消費電力の面でも性能の面でもエッジAIに特化したソリューションが必要になると強調した。

【参考】エッジAIとは、クラウド側ではなくエッジ(導入機器)側に組み込んで利用するAIのことで、自動運転領域において近年需要が高まっている。自動運転では走行判断に高いリアルタイム性が求められるからだ。詳しくは「自動運転に必須の「エッジAI」とは?」の記事も参照。

Blaizeのディナカー・ムナガラ最高経営責任者(CEO)は「今日のエッジ・ソリューションは要求に対して計算能力が低すぎるか、あるいはコストがかかり過ぎて製品化が非常に困難かの、いずれかの制約を抱えています」と指摘している。

その上で、「BlaizeのAIエッジ・コンピューティング製品は消費電力、複雑さ、コスト面のこうした制約を克服することによりエッジでのAI採用の可能性を拡げ、データセンタからエッジへのAIコンピューティングの移行を促進します」と述べている。

■Blaize社のエッジAIの日本展開に注目

自動運転業界で需要が高まるエッジAI。それは日本国内でも同じで、エヌエスアイテクスを販売代理店にBlaize社のエッジAIが日本でどのように広がっていくのか、注目していきたい。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事