トンネルでも高精度な自車位置測位!アルプスアルパインが開発へ

Qualcomm子会社とレーンレベルポジショニング実現



センシング技術に強みを持つアルプスアルパインと米半導体大手Qualcommの子会社であるQualcomm Technologiesは2021年2月4日までに、カメラ映像を活用した次世代の自車位置測位システム「ViewPose」を共同開発すると発表した。







ViewPoseは、GNSS(測位衛星システム)の信号が受信しにくいトンネルや屋根のある駐車場などでも「レーンレベルポジショニング」を可能にし、自動運転向けのLiDARセンサーなどより低コストで導入できるようにするという。

報道発表によれば、2024年を目標に新型車への搭載を目指すという。

■国内外の有力企業と積極的に連携

電子部品大手のアルプスアルパインは、近年特に先進モビリティ領域に力を入れている印象だ。例えば2018年1月には、セキュリティ技術を手掛けるフリービット社と、車のオーナー情報や権限をブロックチェーンで管理する「Car Key Platform」を発表している。

2019年10月には、横浜ゴムと乗用車用のタイヤセンサーについて共同開発を進めていることも発表された。タイヤの空気圧検知だけでなく、摩耗検知や路面検知、デジタルツールでデータを処理・管理していくソリューションのビジネス展開を視野に入れてのことだ。

2020年5月には、レーダーセンサー開発を手掛けるスウェーデンのAcconeer社と車載向け次世代センシング技術を共同開発すると発表し、高機能化かつコストパフォーマンスの高いミリ波センサーの開発を進めている。

■「天井大画面ディスプレイ」も発表

2020年10月にオンラインで開催された最先端技術の展示会「CEATEC 2020 ONLINE」では、「天井大画面ディスプレイ」も発表したアルプスアルパイン。完全自動運転時代に向けたソリューションとして大きな注目を集めた。

海外企業とも積極的にタッグを組み、CASE時代のソリューション開発に力を入れる同社の動向に、引き続き注目していきたい。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。同業上場企業とのJV設立や複数のM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立。設立3年で、グループ4社へと拡大し、デジタル系事業開発に従事している。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域最大級メディア「自動運転ラボ」立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術・会社の最新情報が最も集まる存在に。
登壇情報









関連記事