韓国ベンチャーMars Auto、自動運転トラックを2023年に商用化へ

2017年創業、2022年下半期に大規模実証



出典:Mars Autoプレスリリース

韓国の自動運転トラックベンチャーであるMars Autoの存在感が徐々に高まっている。2017年10月に創業した企業で、2023年に自動運転トラックを商用化する計画を立てている。

同社が自動運転トラックのテスト走行に初めて成功したのは、会社設立から2年後のことだ。トラックにカメラと小型コンピュータを搭載させ、ソウルと釜山の間の高速道路を5時間半で走行したという。







このときの試験走行ではドライバーの介入がなかったとされており、この段階で自動運転レベル3〜4の技術を実現できていたとみられる。

今後は2022年下半期にセミ大型トラック10台を使った実証実験を行う予定で、この実証実験を成功させて2023年の商用化を実現する方向性のようだ。

■韓国科学技術院出身のパク・イルスCEO

Mars AutoのCEO(最高経営責任者)であるパク・イルス氏は、ロイター通信の「アジアで最も革新的な大学」で1位に輝くなどした韓国科学技術院(KAIST)の卒業生だ。

韓国科学技術院ではコンピューターサイエンスを学び、卒業後は機械学習関連のアプリの開発に携わった経歴を持つ。韓国の地元メディアの取材に対し、「自動運転トラックは燃費も向上させ、トラックの利用効率も高める」と、開発に力を入れている理由を語っている。

自動運転トラックの取り組みは、アメリカや中国で特に進んでいる印象だが、アジア発の自動運転トラック企業としてMars Autoがどこまで技術力を高め、スピード感を持って事業拡大を果たしていけるか、引き続き注目したい。

記事監修:下山 哲平
(株式会社ストロボ代表取締役社長/自動運転ラボ発行人)

大手デジタルマーケティングエージェンシーのアイレップにて取締役CSO(Chief Solutions Officer)として、SEO・コンテンツマーケティング等の事業開発に従事。JV設立やM&Aによる新規事業開発をリードし、在任時、年商100億から700億規模への急拡大を果たす。2016年、大手企業におけるデジタルトランスフォーメーション支援すべく、株式会社ストロボを設立し、設立5年でグループ6社へと拡大。2018年5月、自動車産業×デジタルトランスフォーメーションの一手として、自動運転領域メディア「自動運転ラボ」を立ち上げ、業界最大級のメディアに成長させる。講演実績も多く、早くもあらゆる自動運転系の技術や企業の最新情報が最も集まる存在に。(登壇情報
【著書】
自動運転&MaaSビジネス参入ガイド
“未来予測”による研究開発テーマ創出の仕方(共著)









関連記事