手動運転

自動運転の弱点(2022年最新版)

年々目に見える進化を遂げる自動運転技術。公道走行実証やサービス実証、シミュレーションなどを通じ、地道に課題を克服してクオリティを上げ続けている。 すでに一部で実用化が始まっているが、道路交通の安全を担保する上で現状の自動運転技...

自動運転車の取り扱い「女性の方が上手」 英大学調査

英ニューカッスル大学が興味深い調査結果を公表している。自動運転車のシミュレーターに男性と女性を座らせ、運転をシステムから引き継ぐようアラートを出したところ、平均反応時感は女性は2.45秒だったが、男性は2.63秒だった。男性の方が反...

「自動運転車は高くて買えない」 独アウディの見解は?

各国で自動運転車の開発が急速に進む一方、安全面や機能などに対する懸念の声もある。自動運転車の実用化に向けては、自動運転に対する人々の理解を促し、社会受容性を高めていく必要がある。 そんな中で独アウディは、「自動運転車に対する通...

自動運転車も、大谷選手のように「二刀流」にすべき?手動運転は必要か

「二刀流」と言えば、大リーグで大活躍している大谷翔平選手のことを真っ先に思い浮かべる人が多いはず。投打での活躍により、ア・リーグ最優秀選手(MVP)に輝いた。二刀流という言葉は年末恒例の新語・流行語大賞にも選ばれた。 そんな二...

Apple、今度は「自動運転中」に事故 テストカーが縁石と衝突

2021年8月、Appleの自動運転車がテスト走行中に2度事故を起こしたが、いずれも「手動運転中」の事故だった。しかし2021年9月28日にこのほど起こした事故は「自動運転中」の事故だった。 同じ自動運転車が起こした事故でも、...

【2021年9月分】自動運転・MaaS・AIの最新ニュースまとめ

国内では、3カ所目となる道の駅を拠点とした自動運転移動サービスがスタートした。現状レベル2相当の運行形態を採用しているが、レベル4実現に向けた法規要件策定の動きも出てきており、自動運転技術の社会実装に向けた取り組みは着実に前進してい...

自動運転における「オーバーライド」とは?「切り替え」という意味

自動運転分野では、「セカンダリ・アクティビティ」や「DMS」(ドライバーモニタリングシステム)、「EDR」(イベントデータレコーダー)、「HMI」(ヒューマンマシンインタフェース)、OTA(オーバー・ジ・エア)などさまざまな用語が日...

2050年代に「手動運転」禁止に 英調査会社が予測、自動運転技術の向上で

2050年には手動運転が多くの国で禁止されることになる——。その可能性に触れたレポートを、英国の民間調査会社IDTechExがこのほど発表した。 IDTechExは発表したレポートは「自動運転車、ロボタクシーそしてセンサー 2...

自動運転、「路上駐車」が最大の障害!手動介入の要因で首位

国土交通省の国土技術政策総合研究所はこのほど、「一般道路における自動運転サービスの社会実装に向けた研究」と題した研究資料を公開した。 道の駅などを拠点に自動運転サービス実現に向けた実証実験をもとに、実証走行中における手動介入発...

接触8秒前に手動介入、運転手の判断ミスが要因 自動運転バスの接触事案

産業技術総合研究所(産総研)は2020年9月17日までに、滋賀県大津市内で実証中の自動運転バスが路肩の柵に接触した事案について、調査結果と対策を公表した。 接触は手動運転中に発生したもので、産総研は今後、操舵量の大きい箇所など...