手動運転

自動運転と手動運転の「継ぎ目」をなくす!ハンドル制御で新技術

トヨタグループで自動車部品大手の株式会社ジェイテクト(本社:愛知県刈谷市/取締役社長:佐藤和弘)は2022年10月23日までに、次世代のハンドル制御システム 「Pairdriver(ペアドライバー)」を開発したことを発表した。 ...

早ければ2040年代に!「手動運転禁止」6つのメリット

現在、世界各国で開発が進められている自動運転車。道路交通の安全性向上や効率化、省人化を大義名分に、今後どんどん社会実装が推し進められていくことが予想される。遠い将来、自動運転車が主流となる社会が訪れることもほぼ間違いないだろう。 ...

英国人の31%「自動運転車の制御を引き継げるなら信頼」

イギリスのドライバー2,000人を対象としたある調査によると、ドライバーレスの自動運転車で安全に移動できると思うと回答したのは、わずか6%にすぎなかった。 一方、「自動運転を引き継いで自分がコントロールできるという仕組みがある...

自動運転の「弱点」(2022年最新版)

年々目に見える進化を遂げる自動運転技術。公道走行実証やサービス実証、シミュレーションなどを通じ、地道に課題を克服してクオリティを上げ続けている。 すでに一部で実用化が始まっているが、道路交通の安全を担保する上で現状の自動運転技...

自動運転車の取り扱い「女性の方が上手」 英大学調査

英ニューカッスル大学が興味深い調査結果を公表している。自動運転車のシミュレーターに男性と女性を座らせ、運転をシステムから引き継ぐようアラートを出したところ、平均反応時感は女性は2.45秒だったが、男性は2.63秒だった。男性の方が反...

「自動運転車は高くて買えない」 独アウディの見解は?

各国で自動運転車の開発が急速に進む一方、安全面や機能などに対する懸念の声もある。自動運転車の実用化に向けては、自動運転に対する人々の理解を促し、社会受容性を高めていく必要がある。 そんな中で独アウディは、「自動運転車に対する通...

自動運転車も、大谷選手のように「二刀流」にすべき?手動運転は必要か

「二刀流」と言えば、大リーグで大活躍している大谷翔平選手のことを真っ先に思い浮かべる人が多いはず。投打での活躍により、ア・リーグ最優秀選手(MVP)に輝いた。二刀流という言葉は年末恒例の新語・流行語大賞にも選ばれた。 そんな二...

Apple、今度は「自動運転中」に事故 テストカーが縁石と衝突

2021年8月、Appleの自動運転車がテスト走行中に2度事故を起こしたが、いずれも「手動運転中」の事故だった。しかし2021年9月28日にこのほど起こした事故は「自動運転中」の事故だった。 同じ自動運転車が起こした事故でも、...

【2021年9月分】自動運転・MaaS・AIの最新ニュースまとめ

国内では、3カ所目となる道の駅を拠点とした自動運転移動サービスがスタートした。現状レベル2相当の運行形態を採用しているが、レベル4実現に向けた法規要件策定の動きも出てきており、自動運転技術の社会実装に向けた取り組みは着実に前進してい...

自動運転における「オーバーライド」とは?「切り替え」という意味

自動運転分野では、「セカンダリ・アクティビティ」や「DMS」(ドライバーモニタリングシステム)、「EDR」(イベントデータレコーダー)、「HMI」(ヒューマンマシンインタフェース)、OTA(オーバー・ジ・エア)などさまざまな用語が日...