市場規模

「空飛ぶクルマ」開発の米Joby Aviationが上場へ トヨタも出資

空飛ぶクルマを開発する米スタートアップのJoby Aviation(ジョビー・アビエーション)は2021年3月3日までに、SPAC(特別買収目的会社)との統合を通じ、ニューヨーク証券取引所に上場する計画を発表した。 報道発表に...

物流ロボット市場、2026年には230億ドル規模 CAGRは28%超に上方修...

調査レポートの販売事業を手掛けるReport Oceanは2021年3月2日までに、「グローバルロジスティクスロボット市場2020-2026」の内容として、世界の物流ロボット市場が2026年までに238億ドル(約2兆5,000億円)...

業界初!ソニー、車載LiDAR向け積層型測距センサーを開発 最大300mまで...

ソニー株式会社(本社:東京都港区/代表取締役社長:吉田憲一郎)は2021年2月23日までに、「積層型直接Time of Flight方式」の測距センサーを車載LiDAR向けに開発したと発表した。「SPAD」画素を用いていることが特徴...

「自動運転タクシー」や「自動運転車」、既に商標登録済み

「自動運転タクシー」「自動運転車」「ゆっくり自動運転」など、「自動運転」とついた商標がすでに登録されているのはご存知だろうか。この記事では自動車の自動運転に関し、どのような商標が誰によって取得されているのかを紹介する。 ■個人や大...

「自動運転の目」LiDAR、世界市場は2025年に29億ドル規模!

台湾の調査会社TrendForceがこのほど発表した市場調査レポート「赤外線センシング市場の動向(2021年)」によれば、「自動運転の目」の役割を果たすLiDARの世界市場は、2025年には29億ドル(約3,000億円)に到達すると...

LiDARとは?自動運転の目となるセンサー、レベル3実用化で市場急拡大

自動運転技術の進展とともに拡大を続ける関連市場。中でも「自動運転の目」と呼ばれるLiDARの需要は急拡大するとみられており、市場調査会社の矢野経済研究所は、LiDARやレーザーの市場規模が2017年の約25億円から2030年には約4...

低コストな自動運転化に寄与!DMP、Visual SLAMソフトの提供開始

自動運転向け半導体の開発などを手掛ける株式会社ディジタルメディアプロフェッショナル(本社:東京都中野区/代表取締役社長:大澤剛)=DMP=は2021年1月28日までに、カメラやセンサーを使って自己位置推定と地図作成を同時に行うVis...

自動運転化で拡大!車載スマートディスプレイが1兆ドル市場に 2025年の予測...

自動運転車の車内は大きく変わると言われており、特にディスプレイの重要性がいまより増すとみられている。 その理由の1つとしては、運転を司るAI(人工知能)が次にどのような運転操作をするのか、乗員向けに表示する必要があることがある...

自動運転の「ブラインドスポット」ゼロ化!Livox Techが新LiDAR

最先端のLiDARデバイスを開発・製造するLivox Techが、近距離検知向けの「LiDAR Mid-70」と長距離向けの「LiDAR Avia」の新たな2つの製品をリリースしたことが、2020年11月15日までに発表された。 ...

ADAS・自動運転用センサーの世界市場規模、2025年に2.4兆円に

民間調査会社の矢野経済研究所(本社:東京都中野区/代表取締役社長:水越孝)はADAS(先進運転支援システム)用や自動運転用のセンサーの世界市場調査を実施し、市場概況や技術動向、自動車部品メーカーの搭載動向などを2020年11月11日...